メインメニュー
学校紹介
学校評価
清水っこ広場のカテゴリー
ようこそ!清水小学校のホームページへ

松山市立清水小学校

春の校舎

 

 にこにこ

  いきいき         

   はつらつ      

                            

  所在地  〒790-0823   愛媛県松山市清水町3丁目15

        電話 089-925-0205   FAX 089-925-9923

 

   

 

H30-6-2.jpg                   H30-6-2.jpg

 

6月の図書館

 

 

6月4日は「むし歯予防デー」です。

 

また、6月10日までの1週間は「歯と口の健康週間」です。

 

2018年度(平成30年度)は、「のばそうよ 健康寿命 歯みがきで」の標語のもと、

 

全国各地で取組が行われるようです。

 

自分の歯や口に関心をもったり、歯と口の健康に関する正しい知識を身に付けたりして、

 

歯によい生活を心掛けたいですね。

 

そこで今回は、歯と口の健康に関する本を集めてみました。

 

 

 

H30-6.JPG

 

 

 

『はのはのはなし』  中西翠 文  山本孝 絵  アリス館

 

 

『きらきらは・は・歯』  室井滋 文  長谷川義史 絵  世界文化社

 

 

『かこさとし からだの本3 むしばミュータンスのぼうけん』  かこさとし 作・絵  童心社

 

 

『からだのえほん・1 むしばくんだいすき?』  七尾 純 作  今井 弓子 絵  あかね書房

 

 

『ねずみくんといっしょ はははは』  なかえ よしを 作  上野 紀子 絵  ポプラ社

 

 

『むし歯のもんだい』  北川原 健 作  柳生 弦一郎 絵  福音館書店

 

 

『はとくちのふしぎ』 すがわらけいこ 絵  吉田昭一 監修  学研教育出版

 

 

『歯いしゃのチュー先生』  ウィリアム・スタイグ 作・絵  内海まお 訳  評論社

 

 

『学研まんがでよくわかるシリーズ122 歯ブラシづくりのひみつ』


たまだまさお 漫画  オフィス・イディオム 構成  学研プラス出版プラス事業部出版コミュニケーション室 
      

   

 

 

H30-5-2.jpg       H30-5-2.jpg

 

  

5月の図書館

 


5月10日から16日は、愛鳥週間です。

 

「野鳥(自然の中で生活している鳥)を大切にし、守ろう!」という考えを広めるために作られたそうです。

 

ペンギンやカワセミについての本や、アンデルセン童話「おやゆびひめ」など、鳥が登場する本を紹介しています。

 

鳥類図鑑を手にとって、身近な野鳥を探してみるのもいいですね。

 

新しい発見があるかもしれません。

 

本を読むことで、鳥たちが住んでいる自然に目を向け、

 

鳥や自然を大切にするためにどんなことができるかを話し合うきっかけにしてみてください。

 


 

H30-5_1.JPG

 

 

 

『鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670』  永井真人 著  茂田良光 監修  文一総合出版

 

 

『世界のかわいい小鳥 〜Little Birds〜』  上田 恵介 監修   パイ インターナショナル

 

 

『ペンギン図鑑』  上田 一生 作  福武 忍 絵  鎌倉 文也 写真  文溪堂

 


『うごいちゃだめ!』  エリカ・シルヴァマン 作  S.D.シンドラー 絵  せな あいこ 訳  アスラン書房

 

 

『写真集 鳥の巣』  シャーロン・ビールズ 著  石田 亜矢子 訳  グラフィック社

 

 

『カワセミ 青い鳥見つけた』  島田 忠 文・写真  新日本出版社

 

 

『からすのたまごにいちゃん』  あきやま ただし 作・絵  鈴木出版

 


『よだかの星』  宮沢賢治 作  ささめやゆき 絵  三起商行(ミキハウス)

 

 

『おやゆびひめ』  H.C.アンデルセン 原作  斉藤 洋 文  西巻茅子 絵  岩崎書店

 

 

『世界鳥類大図鑑』  バードライフ・インターナショナル 総監修  山岸 哲 日本語版総監修  ネコ・パブリッシング 

 

 

 

 

H30-4-2.jpg                     H30-4-2.jpg

 

 

4月の図書館

 

 

新年度がスタートしました。

 

 

4月16日からは本の貸し出しも始まりました。

 

 

今年も図書館大好き、本大好きという清水っ子に育ってほしいと思います。

 

 

今年度の図書委員会の名前は、

 

 

「みんな笑顔 本大好き委員会」です。

 

 

読書活動や図書館の利用を通して、

 

 

全校のみんなが笑顔になればいいなという

 

 

子どもたちの願いが込められています。

 

 

4月のおすすめの本は、「ようこそ1年生」がテーマです。

 

 

入学したての1年生もそうですが、子どもたちみんなに

 

 

「学校は楽しいところだよ。」と伝えている本ばかりです。

 

 

今年もたくさんのいい本と出会って、

 

 

豊かな感性と豊かな言葉の力を身に付けてほしいと思います。

 

 

図書館へGO!

 

 

H30-4.JPG

 

 

『いちねんせいのいちにち』『いちねんせいのがっこうたんけん』

  

おか しゅうぞう 作  ふじた ひおこ 絵  校正出版社

 

 

『あした、がっこうへいくんだよ』  

 

ミルレッド・カントロウィッツ 作  ナンシー・ウィンスロー・パーカー 絵  

 

せた ていじ 訳  評論社
  

 

 

『すみれちゃんは一年生』  石井 睦美 作  黒井 健 絵  偕成社

 

 

『がっこうでトイレにいけるかな?うんこのえほん』  

 

村上 八千世 文  せべまさゆき 絵  ほるぷ出版

 

 

『がっこういこうぜ!』  もとした いづみ 作  山本 孝 絵  岩崎書店

 

 

『ますだくんの1ねんせい日記』『となりのせきのますだくん』  武田 美穂 作・絵  ポプラ社

 

 

『くんちゃんのはじめてのがっこう』  ドロシー・マリノ 作・絵  間崎 ルリ子 訳  ペンギン社

 

 

『教室はまちがうところだ』  蒔田晋治 作  長谷川知子 絵  子どもの未来社

 

 

 

H30-0310-2.jpg                                            H30-0310-2.jpg

 

3月の図書館

 

 

 

今年度、清水小の子どもたちは、平均60冊以上の本を読みました。

 

 

年間200冊以上(レジェンド)の本を読んだ子どもは、2月16日時点で7人、

 

 

100冊以上(金賞)が45人と、昨年より増えました。

 

 

昼休みには、特に高学年男子が時間を惜しむかのように長編の本を読んでいる姿が見られます。

 

 

これは清水小特有の姿のようです。

 

 

きっと1年生から本に親しめる環境をつくってくださった多くの保護者の皆様、

 

ころころの会の皆様や先生方のおかげでしょう。

 

 

 

さて、もうすぐ春休み、そしてあっという間に4月がやってきます。

 

1年中で最も桜の美しい季節が到来します。

 

日本の桜は観賞用もあれば食用としても使用される特別な存在です。

 

そんな桜の魅力にせまる本を紹介します。

 

 

 

来年度も清水小の図書館に図書バッグを持って毎日通ってきてくれる子どもたちを、

 

私たちは楽しみに待っています。

 

今年1年間、ホームページを読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

H30-0310_1.JPG

 

 

 

『日本の昔話えほん4 はなさかじいさん』  山下 明生 作  おくはら ゆめ 絵  あかね書房


 

 

『櫻詩情』  ジョニー・ハイマス 写真・文  学習研究社


 

 

『もっと知りたい ウメ・モモ・サクラ どこがちがうかわかる?』

 

赤木かん子 著  藤井 英美 写真  新樹社


 

 

『サクラハンドブック』  大原隆明 著  文一総合出版


 

 

『見直したい日本の「美」 日本 桜の名所100選』  主婦の友社 編


 

 

『じいじのさくら山』  松成 真理子 作・絵  白泉社


 

 

『和菓子のほん たくさんのふしぎ傑作集』  中山圭子 作  阿部 真由美 絵  福音館書店


 

 

『世界で一番美しい 花粉図鑑』

 

  ロブ・ケスラー マデリン・ハーレー 著  奥山 雄大 監修  武井 摩利 訳  創元社  

 

 

 

H30-2-2.jpg                                              H30-2-2.jpg

 

 

2月の図書館

 

 

 

今月は、今開催中の冬のオリンピックに関する本を紹介します。

 

 


韓国ってどんな国?

 

 

マイナス20℃って、一体どんなくらしをしているの?

 

 

 

韓国料理って、キムチ、ビビンバ、トッポッキ、他にどんな食べ物がおいしいの?

 

 

 

 

さらに、冬のスポーツにチャレンジしてみたい皆さんには、

 

 

スキー、スケート、スノーボードなどの身近なレッスンについて解説してある本もありますよ。

 

 


 

4年に一度のオリンピック。

 

 

TVだけではなく、本でも味わってみませんか。

 

 

 

 

H30-2_1.JPG

 

 

 

『新版 行ってみたいなあんな国こんな国 アジア1』  東 菜奈 作  岩崎書店

 

 


『国際理解に役立つ 世界の衣食住 ‥譽▲献△凌べもの』  江上佳奈美 監修  星川妙子 文 小峰書店

 

 


『国際理解シリーズ はじめてであうアジアの歴史2 韓国・朝鮮の歴史』

 

  歴史教育者協議会 監修  あすなろ書房

 

 


『韓国のむかしばなし とらとほしがき』  パクジェヒョン 作・絵  おおたけ きよみ 訳  光村教育図書

 

 


『世界各地のくらし2 韓国のくらし』  野田 一郎 監修  岡崎 努 文・写真  ポプラ社

 

 


『角川つばさ文庫 羽生結弦物語』  青嶋ひろの 著  株式会社KADOKAWA

 

 


『蒼い炎』  羽生結弦 著  扶桑社

 

 


『スノーボードはじめてBOOK』  SnowBoarder編集部 編  実業之日本社

 

 


『木村公宣のスキー基本レッスン』  木村公宣 著  実業之日本社

 

 


『レジェンド!』  城島 充 著  講談社

 

 

 

 

 

H30-1-1.jpg                        H30-1-1.jpg

 

1月の図書館

 

 

 

今年は戌年ということで

 

 

今月は「犬」に関連した本を紹介します。

 

 

さて、みなさんは犬にどんなイメージを持っていますか?

 

 

・犬は社会性があり、忠実な動物と言われます。人との付き合いも古く、親しみやすい動物です。

 

 

・犬はお産が軽いとされることから、安産を願うなら戌の日が吉日とされています。

 

 

・戌は、干支の中では「勤勉で努力家」とされている動物です。

 

 

 

そんな犬のイメージを描きながら今月の本を手にしてみてください。

 

 

犬好きの人はますます犬好きになることでしょう。

 

 

犬にあまり関心のなかった人も犬の新しい魅力に出会えることでしょう。

 

 

 

 

H30-1-2.JPG

 

 

 

『エルネスト たびするいぬのものがたり』  ヨッヘン・シュトゥーアマン 作・絵  関口 裕昭 訳  フレーベル館


 

『ひまわりと子犬の7日間』  平松恵美子 著  集英社文庫


 

『グリム童話 ブレーメンのおんがくたい』  ハンス・フィッシャー 絵 瀬田 貞二 訳  福音館書店


 

『いぬが かいた〜い!』  ボブ・グラハム 作・絵  木坂 涼 訳  評論社

 


『あしなが』  あきやま ただし 作・絵  講談社

 


『しあわせのバトンタッチ』  今西 乃子 作  浜田 一男 写真  岩崎書店

 


『おなら犬(いぬ)ウォルター』  

ウィリアム・コツウィンクル 作  オードリー・コールマン 絵  三辺 律子 訳  サンマーク出版

 


『アンジュール ある犬の物語』  ガブリエル・バンサン 作  BL出版

 


『どろんこハリー』  ジーン・ジオン 作  マーガレット・ブロイ・グレアム 絵  わたなべしげお 訳  福音館書店

 

 

 

 

 

H29-1219-1.jpg                            H29-1219-1.jpg

 

12月の図書館

 

 

師走になりました。

 

 

12月といえばクリスマス。

 

 

もともとは外国から来た行事だったのに、今や日本中がお祝いムードに。

 

 

ということで、今年はクリスマスやサンタクロース特集です。


 

 

2017年もそろそろ終わり。

 

 

今年の読書冊数の伸びは去年より右肩上がりで、

 

 

レジェンド(200冊以上)が3人も出ています。

 

 

3学期は49日。

 

 

さあ、みなさん、"本に恋して"図書館通いを続けてくださいね。

 

 

 

 

H29-1219-2.JPG

 

 

 

 

『しんせつなともだち』  

方 軼羣(ふあん いーちゅん) 作  村山 知義 絵  君島 久子 訳  福音館書店

 

 


『サンタクロースっているんでしょうか?』  

ニューヨーク・サン新聞「社説」 作  東 逸子 絵  中村 妙子 訳  偕成社

 

 


『クリスマスとよばれた男の子』  

マット・ヘイグ 著  クリス・モルド 絵  杉本 詠美 訳  西村書店

 

 


『クリスマス・正月のハッピーマジック−子どもと楽しむ超もりあがり手品−』  

藤原 邦恭 著  紀伊國屋書店

 

 


『スノーマン』  レイモンド・ブリッグズ 作・絵  評論社

 

 


『クリスマスツリー』  吉村 和敏 写真・文  アリス館

 

 


『ルルとララのおかしやさん(17) ルルとララのSHRISTMAS(クリスマス)』  

あんびる やすこ 作・絵  岩崎書店

 

 


『クリスマスソングブック1・2』  児島 なおみ 作  偕成社

 

 


『ぐりとぐらのおきゃくさま』  中川 李枝子 作  山脇 百合子 絵  福音館書店

 

 


『クリスマスって なあに』  ディック・ブルーナ 作・絵  舟崎 靖子 訳  講談社

 

 

 

 

 

 

H29-11.jpg                                                        H29-11.jpg

 

11月の図書館

 

 

芸術の秋がやってきました。

 

 

”モナリザ”の名前はだれもが知っているでしょう。

 

 

ルーブル美術館に展示されている世界で最も有名な絵画の一つです。

 

 

そんなモナリザのひみつやモナリザを描いたダヴィンチの天才と言われるゆえん、

 

 

それから、名画を使った遊び術、マンガの描き方など、図書館には幅広い絵画関係の本がたくさん並んでいます。

 

 

秋の夜長をそんな名画といっしょに過ごしてみませんか・・。

 

 

 

きっと次々と新しい世界が広がってくることでしょう。

 

 

 

 

H29-11-1.JPG

 

 

 

 


『直感こども美術館 プリミティブアートってなぁに?』  マリー・セリエ 文  結城昌子 監修  西村書店

 

 

 

 


『レオナルド・ダ・ヴィンチ』  ジョン・フィリップス 著  大岡亜紀 訳  BL出版

 

 

 

 


『「知」のビジュアル百科 ルネサンス入門』  アンドリュー・ラングリー 著  森田義之 訳  あすなろ書房

 

 

 

 


『ケイティのふしぎ美術館◆.吋ぅ謄とモナリザのひみつ』 

 

ジェイムズ・メイヒュー 作  西村秀一 訳  結城昌子  監修  サイエンティスト社

 

 

 


『ミケランジェロ』  フィリップ・ウィルキンソン 著  大岡亜紀 訳  BL出版

 

 

 

 


『天才科学者シリーズ ダ・ヴィンチ 時代を先取りした左手』  

 

ルカ・ノヴェッリ 文・絵  滝川洋二 監修  関口英子 訳  岩崎書店

 

 

 


『よくわかるマンガの描き方2 幻想世界・モンスターの描き方』  イマジネーション・クリエイティブ 著  コスミック社

 

 

 


『名画で遊ぶ あそびじゅつ!』  エリザベート・ド・ランビリー 著  大澤千加 訳  ロクリン社

 

 

 


『てん』  ピーター・レイノルズ 作・絵  谷川俊太郎 訳  あすなろ書房

 

 

 


『ふしぎなナイフ』  中村牧江 林 健造 作  福田隆義 絵   福音館書店

 

 

 

 

『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』  マリー・セリエ 文  結城昌子 監修  西村書店

 

 

 

 


 

 

 

H29-10-2.jpg                                        H29-10-2.jpg

 

10月の図書館

 

 

読書の秋がやってきました。

 

 

今年の読書週間標語は「本に恋する季節です!」

 

 

本校図書委員会(WE LOVE BOOKS 委員会)も

 

 

読書週間(10月27日〜11月9日)に合わせて読書集会を開き、

 

 

読書ファンを増やしたいとがんばっています。

 

 

 

今月のおすすめの本はハロウィーン・魔女に関するものを集めてみました。

 

 

みなさんを魔女の世界に誘う本が盛りだくさんです。

 

 

どうぞ手にとってみてくださいね。

 

 

 

H29-10.JPG

 

 

 

『まほうつかいのノナばあさん』  トミー・デ・パオラ 作・絵  ゆあさ ふみえ 訳  ほるぷ出版


 

『魔女の宅急便』  角野 栄子 作  林 明子 画  福音館書店


 

『まじょのケーキ』  たむら しげる 作・絵  あかね書房


 

『しゃっくりがいこつ』  マージェリー・カイラー 作  S.D.シンドラー 絵  黒宮 純子 訳  らんか社


 

『あたしもすっごい魔女になるんだ!』  ミッシェル・ヴァン・ゼブラン 作・絵  金原 瑞人 訳  小峰書店


 

『けちんぼジャックとあくま』  エドナ・バース 文  ポール・ガルドン 絵  ゆあさ ふみえ 訳  ほるぷ出版


 

『ゼルダのママはすごい魔女』  ミッシェル・ヴァン・ゼブラン 作・絵  金原 瑞人 訳  小峰書店


 

『ハロウィーンのおばけ屋敷』  エリカ・シルバーマン 作  ジョン・エイジー 絵  清水 奈匯辧〔  らんか社


 

『魔女に会った』  角野 栄子 文・写真  みや こうせい 写真  福音館書店

 

 

『まじょとねこどん ほういでゆくよ』  ジュリア・ドナルドソン 作  アクセル・シェフラー 絵  久山 太市 訳  評論社


 

『まるごとハロウィン』  コダシマ アコ 著  みやづ かなえ 写真  かもがわ出版


 

『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』  マルカム・バード 作・絵  岡部 史 訳  金の星社

 

 

 


 

 

 

 

H29-9-2.jpg         H29-9-2.jpg

 

9月の図書館

 

 

いよいよ 2学期がスタートです。

 

 

9月といえば運動会 そして、9月末にはえひめ国体も始まります。

 

 

そこで 今月はスポーツ・アスリートに関する本を紹介します。

 

みなさんは、どんなスポーツが好きですか?

 

 

「○○の上達のこつは?」

 

 

「試合で勝つためのポイントは?」

 

 

「憧れのアスリートの心の内は?」といった本を集めてみました。

 

 

 

図書館にはまだまだ多くのスポーツに関するほんや事典があるので、みなさん足を運んでくださいね。

 

 

 

 

H29-9.JPG


 

 

 

 

 

『試合で勝てる!小学生の空手上達のコツ50』  香川政夫 監修  メイツ出版

 

 


『試合で勝てる!小学生卓球上達のコツ50』  原田隆雅 監修  メイツ出版

 

 


『こどもスーパー新書 こうすればかけっこが速くなる』  朝原宣治 著  小学館

 

 


『めざせ!スーパースター(3)バレーボール オリンピックのスーパープレーでうまくなる!』  寺廻 太 監修  ポプラ社

 

 


『Jスポーツシリーズ 3 バスケットボール』  佐古賢一 著  旺文社

 

 

 

『実演DVD 130分収録 いちばんわかりやすい!柔道の教科書』

 

木村昌彦 斉藤仁 篠原信一 田中力 鈴木桂治 谷本歩実 共著  土屋書店

 

 


『部活で活躍できる!野球最強のポイント60』  野々村直通 監修  メイツ出版

 

 

  
『ダルビッシュ有の変化球バイブルアンコール』 ダルビッシュ有 監修  ベースボール・マガジン社

 

 


『めざせ!スーパースター(4)水泳 オリンピックのスーパースイムでうまくなる!』  青木剛 監修  ポプラ社

 

 


『部活で大活躍できる!! 勝つ!剣道 最強のポイント60』  所正孝 監修  メイツ出版

 

 

 

 

 

 

H29-7-2.jpg                           H29-7-2.jpg

 

7月の図書館

 

7月20日から夏休みに突入しました。

 


42日間の夏休みのスタートです。

 


猛暑をどう楽しみますか。

 


そんなヒントをくれるのが、夏休みの読書です。

 


みなさん、楽しい充実した時間を過ごしてくださいね。

 


図書館開館日は 7月28日(金)と8月28日(月)です。(10:30〜12:00)

 

 

H29-7.JPG

 

 

『サンタのなつやすみ』  レイモンド・ブリッグズ 作・絵  さくま ゆみこ 訳  あすなろ書房

 

『かき氷 天然氷をつくる』  細島 雅代 写真  伊地知 英信 文  岩崎書店

 

『ぼくのうちに波がきた』  キャサリン・コーワン 作  マーク・ブエナー 絵  中村 邦生 訳  岩崎書店

 

『なんでも魔女商会Α.灰奪肇鵑硫撞戮漾戞 ,△鵑咾襦,笋垢魁〆遏Τ─ ヾ篋蟒馘

 

『妖怪一家九十九さん(2)妖怪一家の夏まつり』 富安 陽子 作  山村 浩二 絵  理論者

 

『シェイクスピア名作劇場(3)夏の夜の夢』  斉藤 洋 文  佐竹 美保 絵  あすなろ書房

 

『ウエズレーの国』  ポール・フライシュマン 作  ケビン・ホークス 絵  千葉 茂樹 訳  あすなろ書房

 

『カマキリの生きかた』  筒井 学 写真・文  小学館

 

『14ひきのせんたく』  いわむら かずお 作・絵  童心社

 

『せんたくかあちゃん』  さとう わきこ 作・絵  福音館書店

 

『漂流物』  デイヴィッド・ウィーズナー 作・絵  BL出版

 

 

 

H29-6-2.jpg                              H29-6-2.jpg

 

6月の図書館

 

 

6月4日は「虫歯予防デー」で、6月10日までは『歯と口の健康週間」です。

 

 

目的は、歯と健康に関する正しい知識を普及させるとともに、虫歯の予防に関する適切な習慣を定着させ、

 

 

その早期発見、早期治療を徹底することにあります。

 

 

そこで今回は、歯と口の健康に関する本を集めてみました。

 

 

今から将来の歯周病予防に備えて、毎日の正しい歯みがきを実践したいですね。

 

 

 

H29-6.JPG

 

 

 

『歯いしゃのチュー先生』  ウィリアム・スタイグ 作・絵  内海まお 訳  評論社

 

 

『かこさとし からだの本(3)むしばミュータンスのぼうけん』  かこさとし 作・絵  童心社

 

 

『からだのふしぎしりたいな1 はとくちのふしぎ』  すがわらけいこ 作・絵  吉田昭一 監修  学習研究社

 

 

 

『からだのえほん1 むしばくん だいすき?』  七尾純 作  今井弓子 絵  あかね書房

 

 

『からだのふしぎしりたいな7 からだのふしぎしつもんばこ』 すがわらけいこ 作・絵  辻山タカ子 監修  学習研究社

 

 

『むし歯のもんだい』  北川原健 作  柳生弦一郎 絵  福音館書店

 

 

『ねずみくんといっしょ はははは』  なかえよしを 作  上野紀子 絵  ポプラ社

 

 

『学研まんがでよくわかるシリーズ86 歯と歯みがきのひみつ』  山口育孝 漫画  橘悠紀 構成  学習研究社

 

 

『学研まんがでよくわかるシリーズ122 歯ブラシづくりのひみつ』

たまだまさお 著  オフィス・イディオム 構成  学習研究社

 

 

『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』  五味太郎 作・絵  偕成社

 

 

『せかいのこどもたちのはなし はがぬけたらどうするの?』

  セルビー・ビーラー 作  ブライアン・カラス 絵  こだまともこ 訳  フレーベル館

 

 

『はのはのはなし』  中西翠 文  山本孝 絵  アリス館

  

 

 

 

 

 

H29-5-2.jpg                            H29-5-2.jpg

 

5月の図書館

 

 

 

5月10日〜16日は愛鳥週間です。

 

 


野鳥を愛する心をはぐくむ目的で定められた週間です。

 

 

日本では1950年から始まりました。

 

 

今月は、世界のかわいい小鳥や、みんなが知っているスズメやツバメのくらし、

 

鳥の巣や羽のクイズなどについての本を紹介しています。

 

 

さあ、みなさんも鳥類図鑑を手にとって、野鳥の世界をぜひのぞいてみてください。

 

 

きっとびっくりすることがたくさんありますよ。

 

 

H29-5.JPG

 

 

 

『写真集 鳥の巣』  シャーロン・ビールズ 著  石田 亜矢子 訳  グラフィック社


 

 

『世界のかわいい小鳥』  上田 恵介 監修  バイインターナショナル


 

 

『外来鳥ハンドブック』  川上 和人 文  叶内 拓哉 写真  文一総合出版


 

 

『散歩で楽しむ野鳥の本 街中編』 大橋 弘一+Naturally 著  山と渓谷社


 

 

『スズメの大研究 人間にいちばん近い鳥のひみつ』  国松 俊英 文  関口 シュン 絵  PHP研究所


 

 

『この羽だれの羽?』  おおたぐろ まり 作・絵  偕成社


 

 

『見る読むわかる野鳥図鑑』  安西 英明 解説  箕輪 義隆 絵  日本野鳥の会


 

 

『科学のアルバム ツバメのくらし』  菅原 光二 著  あかね書房 

 

 

 

 

 

 

 

H29-4-2.jpg                      H29-4-2.jpg

 

4月の図書館

 

 

4月19日から本の貸し出しがスタートしました。

 

 


今年も図書館大好きという清水っ子に育ってほしいと思います。

 

 

そこで、図書委員会の子どもたちがつけた委員会の名前も

 

 

WE LOVE BOOKS です。

 

 

4月のおすすめの本は、学校・友達・あいさつ・給食がテーマです。

 

 

今年もたくさんのいい本と出会って、

 

 

豊かな感性と豊かな言葉の力を身に付けてほしいと思います。

 

 

それでは図書館へ、いざ読書!

 

 

 

H29-4.JPG

 

 

 

『がっこういこうぜ!』  もとした いづみ 作  山本 孝 絵  岩崎書店


 

『ともだちになって』  アレクシス・ディーコン 作・絵  いずむら まり 訳  徳間書店


 

『ともだちがほしがったこいぬ』  奈良美智 作・絵  マガジンハウス


 

『ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。』  石井 光太 文  ポプラ社


 

『くんちゃんのはじめてのがっこう』  

ドロシー・マリノ 作・絵  間崎 ルリ子 訳  ペンギン社


 

『ともだちがほしいの』  柴田 愛子 作  長野 ヒデ子 絵  ポプラ社


 

『いつだってともだち』  モニカ・バイツェ 作  エリック・バトゥー 絵  講談社


 

『と・も・だ・ち』  ロブ・ルイス 作・絵  まつかわ まゆみ 訳  評論社


 

『ともだちからともだちへ』  

アンソニー・フランス 作  ティファニー・ビーク 絵  木坂 涼 訳  理論社


 

『あいさつ団長』『給食番長』  よしながこうたく 作・絵  好学社


 

『いちねんせいのいちにち』『いちねんせいのがっこうたんけん』 

おか しゅうぞう 作  ふじた ひおこ 絵  佼成出版社


 

『あしたのあたしはあたらしいあたし』 石津 ちひろ 作  大橋 歩 絵  理論社

 

 

 

 

 

 

H29-0304-2.jpg      H29-0304-2.jpg   

 

3月の図書館